ジャンプ感想

2017/12/05

  1. 太臓

ンチズンの評価は、賛否真っ二つといった感じだが自分は、すきだ。話の展開じゃなくて「元気やで!」「少年守護神」「電影少女」の小ネタ連発とやっぱ「「乾がとまらね〜」せりふもキャラ名を入れ替えただけでそのまんまってのがまた笑える。ここで笑いの最高潮に達してしまったのであとは前かがみなって読みました。

  1. アイシル

セナもあんな妄想をするのか・・・さらにいえば鈴音がだきついてくれるとこまで。結局このままループするのかと不安になったところで頼れる男が動いたてとこですか。本当に頼もしいです

  1. ぶり

エロイ!それだけ。なちゅらるにケイゴがターゲットにはいってるのがかわいそす

  1. リボーン

憎まれる悪人というものは、自分の手を汚さないもの人質をとっておどすもの。見事に憎まれる悪人の王道をひたはしってますね。悪人のなかでも自らの手を汚し返り血を浴びるタイプは、見方になる可能性を秘めてるがこういうのは、ひどい目にあわされるもの。それだけにイーピン登場の瞬間は、痛快だった。しかもしばらくみない(自分が読まない)うちに髪型や服装も変わってますますかわいく。ロリコンだとみとめたシャマルの近くにいた通行人の汚いものでもみる視線が印象に残った。
おわりたぶん