あのおいしいパン屋さんのバゲットを
朝から焼いてだしてくれた、Anne。ありがとう!

f:id:naccotours:20151006063740j:image

f:id:naccotours:20151006063744j:image

ジャムもぜーんぶお手製だったのですが、
なかでもこの地方特産の
「Mirabelle(黄すもも)」のジャムがびっくりおいしくって!

f:id:naccotours:20151006063804j:image

30分もかけてゆっくり、朝ごはんをいただいてしまいました。

そして、今日は更に東に約1時間半
アルザス地方のストラスブールへ。

Strasbourg

日課になりつつある、ホストへのご挨拶。
今日は、CesarとJosefina夫妻のお家へお邪魔します。
とってもいいひとたち!

f:id:naccotours:20151006063845j:image

街は、“かわいい都会”というイメージそのまま。

f:id:naccotours:20151006063928j:image

f:id:naccotours:20151006064001j:image

おーーーっきな大聖堂があったり、

f:id:naccotours:20151006063943j:image

かと思えば、プティフランスと呼ばれる
アルザスらしい運河の流れるかわいい街並みが現れたり。

f:id:naccotours:20151006064018j:image

f:id:naccotours:20151006064052j:image

ランチはそのプティフランスのなかで、
アルザス名物の薄焼きピザ“タルトフランベ”と、
アルザスのリースリングのセットを。

f:id:naccotours:20151006064121j:image

f:id:naccotours:20151006064126j:image

釜で焼きたてのタルトフランベには、
クリームチーズにオニオン、パンチェッタ、マッシュルームが乗っていて
あっさりおいしくて、ぱくぱくいけちゃう!

セットで、10.9€。タルトフランベがおいしいお店なよう!
ほどよい量の、しあわせランチでした。

◆Petit Venice
http://m.yelp.fr/biz/la-petite-venise-strasbourg

f:id:naccotours:20151006064144j:image


そして夜のサラダにもそろそろ飽きてきたので
今晩はキッチンを借りてごはんを作らせてもらえることに。

スーパーで晩御飯の材料を買い出して
パン屋さんでプレッツェルを買い、家に一旦戻り
電車で30分、Colmarへお出掛けです。

f:id:naccotours:20151006064233j:image

Colmar

ここから更にバスで30分ほど行ったところにある
Kaysersbergのワイナリーにアポイントをお願いしてたのですが、
なにせバスが1日に数本しかないので、Colmarの街を散策しながら待ちます。

f:id:naccotours:20151006064250j:image

f:id:naccotours:20151006064518j:image

f:id:naccotours:20151006064529j:image

f:id:naccotours:20151006064603j:image

建物群をデッサン中。すてき。

f:id:naccotours:20151006064602j:image

f:id:naccotours:20151006064736j:image

Colmarは去年のハネムーンでも訪れた
大好きな街のひとつ。

あぁ、去年ごはんたべたところ!
ここのフォアグラがめーーーっちゃおいしかったの忘れない!!

f:id:naccotours:20151006064302j:image

こちらはプティベニスと呼ばれる地区。
あぁほんとうに、かわいい。だいすき。

f:id:naccotours:20151006064318j:image

f:id:naccotours:20151006064342j:image

f:id:naccotours:20151006064348j:image

f:id:naccotours:20151006064326j:image

去年もリクヴィールで買い、
ママにあげたらめっちゃおいしかったと超絶喜んでくれた
フェルベールさんのジャムのミラベル味を見つけ、ふたつお持ち帰り。

f:id:naccotours:20151006064402j:image

なんでも欲しいものは、ふたつ買わないと。
1個だけお会計してると、斜め上のほうから
なんでなんー!欲しかったー!という声が聞こえる。

そして、去年行けなかったブロカントにも
うっかりと、来れました(笑)

f:id:naccotours:20151006064422j:image

f:id:naccotours:20151006064458j:image

そしてバスで、Kaysersbergまで。
また地元の小学生たちのスクールバスに乗り込んだもよう。

f:id:naccotours:20151006064718j:image

Kaysersberg

アルザスのぶどう畑は
びっくりするぐらいの急斜面で、標高も高いところに拡がり
ぶどうの背丈も高め。
収穫、とっても大変そう。

f:id:naccotours:20151006064650j:image

f:id:naccotours:20151006064657j:image

ずっと来たくて、
でもストラスブールからは不便やしなぁと諦めていたけれど
やっぱり諦めきれずに昨日連絡したら、
いいよー!がんばっておいでー!と言ってくれたワイナリー。
アルザス一とも名高い、Domaine Weinbachです。

f:id:naccotours:20151006064751j:image

◆Domaine Weinbach
http://www.domaineweinbach.com/

テンションあがりすぎて、全然写真がないけれど
計9種類ものテイスティングに

ちょうど取材があったからいろいろ開けてたのと、
ハーフで240€!!!もする
ゲヴェルツトラミネールのグランノーブルまで飲ませてくれた。

f:id:naccotours:20151006064804j:image

完全に貴腐化された粒だけを畑で選び
ひと粒ひと粒、ピンセットのようなもので摘むのだとか。
黄桃のコンポートや、干し葡萄のようなニュアンスのなかに、
きっちりと貴腐で閉じ込められた酸。絶妙。
貴重すぎる。ラッキーすぎる!

今晩、ファミリーと一緒に飲もうと
うきうきPinot Grisを1本ゲットし
バス停まで送ってもらって。
ここまでは順調。

!!! バ ス が 来 な い ! ! !

教えてもらったバス停が、その時間は通らないところで
待てどくらせど来ず…

こっちのバスは、ほんとうに難しい。
地元のひとは車があるし乗らへんから
聞いても勝手をよく知らないことも多いし、
何回も時刻表をにらめっこして、どんなに気をつけてても
あぁそういうことかー!っていう落とし穴がある。

仕方がないので次のバスまでかわいい街を散策し

f:id:naccotours:20151006064959j:image

f:id:naccotours:20151006065005j:image

f:id:naccotours:20151006065016j:image

バス停を変え、なんとか貸切状態の最終バスに乗り込む。

この電車に乗りたいよー!というと
10分ぐらい巻いてくれた○

時刻表よりずいぶんはやいのに
がんがん、バス停を通りすぎていく運転手さん。
あんかやろ、そら難しいわな、バス乗るの。
でも今回はありがとう(^^)

コルマール経由でストラスブールへたどり着いたのが20時前。

遅くなってごめんねと、慌てて晩御飯をつくってる。

今日買ったのは、agneau(子羊)のお肉。
超おいしそうやのにたったの2.3Euro!
に、野菜やシャンピニオン、オリーブなどいろいろと。

f:id:naccotours:20151006065406j:image

こっちのスーパーは量り売りやから、
1回分だけっていろんな種類を買えるのがとってもうれしい。
オニオン20円、じゃがいも1個10円、ズッキーニ80円・・・
と、アルザスのマンステールチーズをホールで買っても
全部で7Euroもしない贅沢な晩御飯です。

ママンが、それならごはん一緒に食べよう!と
パスタやチーズやといろいろ出してくれて
急遽、ファミリーの晩御飯にまぜてもらって。

f:id:naccotours:20151006065502j:image

f:id:naccotours:20151006065512j:image

f:id:naccotours:20151006065505j:image

買ってきたワインを使って作った子羊のグリルも、
おいしい!と食べてくれました。やった♪

f:id:naccotours:20151006065603j:image

あぁまたフランスにひとつ、帰ってこれるお家ができた。
それが、本当にうれしい。

葛飾北斎が好きな
お父さんも息子さんものお医者さんファミリーでした。

f:id:naccotours:20151006065925j:image


明日は朝4:30に起きて
フランスの反対側、ブルターニュまでフライトの日。

でも、居心地がよくて楽しくて
ついつい話し込んでしまった夜なのでした。